2007年04月09日

中古車選び

社会人の皆様だと既に購入経験があると思いますが、フレの中には今年高校卒業し新社会人となる方もおり
車購入はこれからという方々の参考になればと思い「まとめ」として載せときます。


1:初期設定
  ・予算、車種の決定
   このとき走行距離、色、グレード、付属装備を決めとくともっと良いと思います。
   また、1つの事にこだわらず色等は第1候補〜第3候補位まで幅をもたせ、妥協出来る事柄
   (付属装備等)を作っとくと楽です。

2:購入経路
  ・一番いいのは信用出来る知人のいる店からの購入がBESTなのですがそう都合良くはいないと思う
   のでやはりディーラーからがいいでしょうね。ただし、今の時代オークションが主流なので普通の中
   古車屋でもしっかりしてる店なら安心かもです
   ※ ディーラーでは中古車でも保障が付いてきますので安心度高いです。またアフターケアがしっか
   りしています、店によっては「売ったら後は知らん」というのもあるのでご注意を。

3:中古車の見方(自分なりのです)
  ・ボンネット、トランクを開けてボルト等が締め直されてないか見ます。
   事故車だとやけに部品が新しく綺麗だったり、ボルト周りに締め直しのためキズがあるはずです。
   ドアの開閉が渋くないかチェック。
  ・エンジンをかけてもらう。
   エンジンのかかり具合や音、エアコンをつけての臭い
   (カビ臭いときあります直せるか交渉しましょう)
   アクセルを何回か空吹かしし、レスポンスや音を確認、試乗できればしてみるのも良いでしょう。
  ・整備記録簿があれば見せてもらいましょう。
   この時前オーナーがきちんと整備していたか、どこに住んでた人かなど分かります。
   (海岸沿いの地域だと目に見えないとこでサビがひどい場合があります)
  ・ボディーのキズ
   天気の良い日の昼間、車を斜めから見てヘコミやキズをチェック。
   特にタイヤハウスの中や下回りを見ましょう、キズがあった場合修理させましょう。

4:商談
  ・嘘でもいいから迷ってる車があると言い天秤にかける。(同等の車なのが条件)
   天秤にかけるときは、メーカー違いが良いと思います(ノアVSセレナ等)
      で、「向こうはいくらまで下げてくれたのにな〜、こっちは無理?」などと言って最下値を引き出させる。
   気に入った物があっても一発でOK出さない。
  ・下取り車:まず事前に他の店で査定してもらい、値段を把握しておきここでも「○○の店ではいくらだっ
   たのにここは安いね〜」などと言って最高値をつけさせる。
  ・装備のサービス:既に付いてる物でも古くなっているため新品に換えさせます。
   外装ではワイパー、減っていればタイヤ等ですね。北海道の場合は夏冬用意させます。
   内部の場合は、オイル関係全て交換させましょう。(オイルは使って無くても劣化します)
   走行距離によってはタイミングベルト、プラグ、ブレーキパット等も忘れずに商談しましょう。
  ・その他:エンジンスターター、コンポ、DD/MDチェンジャー、TV、ナビ、サンバイザー等店では中古
   部品が結構あるものですので聞いてみましょう。
  ・クレジット:ローンを組む場合金利が発生します。今回もそうでしたが、ディーラー純正のクレジットだ
   と金利7%台と高いため、「もっと金利安とこ知らないの(ないの)?」と聞いてみる。ちなみに今回は
   3.8%のを紹介してくれました。

5:自動車維持経費
  ・一覧表を作りましたのでこちらからどうぞ
   自動車税・重量税一覧

上記のような流れで行けば納得いく一品を見つけられるのではないでしょうか?
だだし、上記の内容も100%ではないので、妥協すべき点は考慮願います。



Comments(0)TrackBack(0) 体験奮闘記 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字